Sabine Schründer
deutsch english
最新情報 作品 プロフィール コンタクト 出版 文章
筆者紹介
1973

ドイツ、ノルトラインヴェストファーレン州、テルクテ生まれ

1993-99

ビーレフェルト専門単科大学 写真専攻 学位取得作品「エヴァ-04(Eva-04)」(1999)

1997

ロイヤル・メルボルン・インスティテュート・オブ・テクノロジー大学(オーストラリア) 写真専攻

1999-2000

ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学 コミュニケーションデザイン専攻 (研究過程)

2006-現在

レッテ・フェライン職業センター(ベルリン)、写真講師

2008

ドイツ写真アカデミーに招聘

 

ベルリン在住

活動
2016

photography-workshops in Kerala, Goethe Institut, Bangalore, India

2015

Artist in Residence, bangaloREsidency, Goethe Institute, Bangalore & Kochi, Indien

since 2014

Mentor at takt academy, Berlin

2013

Artist in Residence, OBRAS - International Centre for Art and Science, Evoramonte, Portugal

Artist in Residence, Arteles-Creative Center, Haukijärvi, Finland

2012

Artist in Residence,OBRAS - International Centre for Art and Science, Evoramonte, Portugal

フィンランド SÍM - Association of Icelandic Visual Artists, Reykjavik, Iceland

2011

foundation of artist collective Benten Clay

フィンランド Arteles-Creative Center, Haukijärvi 在住のアーティスト

2007

Loris(ロリス)-現代芸術のためのギャラリー、ベルリン  設立   ※以下、ロリスと表記

賞与等
2011

nomination: The Annual Ina Nobuo Award, Japan

ノミネート:ヴェルデ芸術写真賞

2008

award: Hasselblad Masters Awards

2008

「フォト・ドク賞」 ノンフィクショナーレ (バート・アイブリンク)

2006

「ケーバー・フォト・アワード」 ノミネート

2000

「現代ドイツ写真家のための奨学金 (アルフリード・クルップ・フォン・ボーエン&ハルバッハ財団)」

「ラインハルト・ヴォルフ賞」

1999

「コダック 後継者育成賞 助成金」

「エンネ・ビアマン賞」

展覧会
2017

Pavilion, Pepperhouse Residency Exhibition, Kochi-Muziris Biennale, Kochi, India

2016

Pavilion, European Month of Photography Berlin, Plattenpalast, Berlin (solo show)

Voies Off: Arles/ Selection, Arles, France

2015

bangaloREsidency: Rendezvous Reloaded, Goethe-Institut, Bangalore, Indien

The Photobook Exhibition, Athens Photo Festival, Benaki Museum, Athens,Greece

2014

Re-Culture III, Zukunftsspekulationen/ Benten Clay, Patras, Greece (catalogue)

moving_image, a contemporary ABC/ Benten Clay, Gaîté Lyrique, Paris

Die Bielefelder Schule – Fotokunst im Kontext, Bielefeld (catalogue)

Ostrale, 8th International Exhibition for Contemporary Arts / Benten Clay, Dresden (catalogue)

DTransponder, Loris - Galerie für zeitgenösische Kunst, Berlinie Bielefelder Schule – Fotokunst im Kontext, Bielefeld

Metsä Pako/ Benten Clay, Brunswick Music Festival, Brunswick Arts Centre, Melbourne, Australia

2013

ReMap4 / Benten Clay, Athen, Greece (solo show)

Fail again! / Benten Clay, Souterrain, Berlin

Update* / Benten Clay, Schwules Museum, Berlin

Fail! / Benten Clay, Node Center for Curatorial Studies, Berlin

FREE WATER / Benten Clay, Jardim Público, Évora, Portugal

100.000 / Benten Clay, Pori Art Museum, Pori, Finland

2012

In Transit, Ostkreuz Station, 5. European Month of Photography Berlin, Berlin

The Promise / Benten Clay, Plattenpalast, 5. European Month of Photography Berlin, Berlin

100.000 / Benten Clay, Freies Museum/ project space, Berlin (solo show)

The Surface of Displacement / Benten Clay, Loris - Galerie für zeitgenösische Kunst, Berlin

Plato, give me your smile., Loris - Galerie für zeitgenösische Kunst, Berlin

Zeitwert, 20 years Aenne-Biermann-Preis for German contemporary photography, Museum für angewandte Kunst Gera

Electric Darkness, Benten Clay, SÍM-gallery, Reykjavik, Island

2011

in transit, Loris - Galerie für zeitgenösische Kunst, Berlin

An Informal Meeting About Nothing in Particular/ Benten Clay, Arteles Gallery, Haukijärvi, FIN (solo show)

The Launch of Benten Clay, Tampere Art Fair, Tampere, Finland

[ひとの存在を繋ぐもの], 銀座ニコンサロン (ベルリン)

「ダイアモンド&パール (diamonds&pearls)」、ロリス(ベルリン)

「全考えうる世界のうちのベスト (Die beste aller möglichen Welten)」、カルペ・ディエム(リスボン)

2010

「省略 (Ellipsen)」、ロリス (ベルリン)

「機能の詩文学 (Die Poesie des Funktionalen)」、クンストフェライン・ヴィラ・アルテ(ケムニッツ) ※パンフレット掲載あり

「アワード・ショウ (award-show)」 フォトサマー・シュトゥットガルト(シュトゥットガルト)

「ダイアモンド&パール (diamonds&pearls)」、ロリス(ベルリン)

「ベーム商業センター (Böhm Handelszentrum)」、キュンストラーハウス、ドルトムント

2009

「鏡の中には誰もいない? (Nadie en el espejo–Niemand im Spiegel?)」、キュンストラーハウス(ドルトムント)

「ドイツと中国-動きの中の共通性 (Deutschland und China - Gemeinsam in Bewegung)」、武漢 ※パンフレット掲載あり

「想像の接点 (Schnittstellen des Imaginären)」、ムスベルク旧市庁舎ギャラリー(ラインフェルデン・エヒターディンゲン)

「エヴァ-05 (Eva – 05)」、ロリス (ベルリン)

2008

「国境なきヨーロッパ (Europa ohne Grenzen)」、欧州議会 (ブリュッセル)

「価値の推測 (Die Annahme von Werten)」、第3回ヨーロッパ写真月間ベルリン, ウーファーハレン(ベルリン)  ※パンフレット掲載あり

「本当に変 (Wirklich Komisch)」、ノンフィクショナーレ(バート・アイブリング)

「私の心はどこに(Where is my mind)」、artrmx Vol.1,フェスティバル・フォー・ヤングアーティスト(ケルン)  ※パンフレット掲載あり

「海は決して咲かない (Das Meer blüht nie)」、ロリス(ベルリン)

「超自然 (Supernatural)」、ブランコリーニ・グリマルディ・アルテ・コンテンポラネア(フロレンツ)

「グロッシーのあきらめ (Glossy gibt auf)」、クンストラウム・ミュンヘン

「押し入る (intrude (into))」、ロリス (ベルリン)

2007

「価値の推測 (Die Annahme von Werten)」、クンストハウス・ボホルト(ボホルト)

「全考えうる世界のうちのベスト (Die beste aller möglichen Welten)、ギャラリー ロリス

「ケーバー・フォト・アワード バランスアクト・セーフティー (Körber -Foto-Award – Balanceakt: Sicherheit)」、ハウス・デア・フォトグラフィー、ダイヒトアハレ(ハンブルク)  ※パンフレット掲載あり

「あなたが谷を支配する (Sie regieren das Tal)」、ロリス(ベルリン)

「インターシティー: ベルリン-プラハ (InterCity: Praha-Berlin)」、 アドラースホフ・ギャラリー(ベルリン) ※パンフレット掲載あり

「セルフビュー 絵の中への一歩 (Selbstsicht – Der Schritt ins Bild)」、ダルムシュタット・フォトグラフデー、クンストハレ・ダルムシュタット ※パンフレット掲載あり

「第2回ヨーロッパ写真月間ベルリン」、ゴー・ラボ (ベルリン)  ※パンフレット掲載あり

2005

「フォトサマー・シュトゥットガルト (Fotosommer Stuttgart)」、 (シュトゥットガルト) ※パンフレット掲載あり

「インターシティー: ベルリン-プラハ (InterCity: Berlin-Praha)」、マネ・クンストハレ (プラハ) ※パンフレット掲載あり

2003

「ドイツにおける現代の写真 (Zeitgenössische Fotografie in Deutschland) 」 ※パンフレット掲載あり
フォルクヴァング美術館 (エッセン)

コンテンポラリー・アート・センター・ヴィルニュス (ヴィルニュス)

カタログ、アート・アーセナル美術館 (リーガ)

「フォトサマー・シュトゥットガルト (Fotosommer Stuttgart)」、(シュトゥットガルト)

2002

「東チモール (Ost-Timor)」、アート・フェアヴァント・ギャラリー (ミュンスター)

2001

「到着者 (Arriver)」、マーク・ブロッホ大学 (シュトラスブルク) ※パンフレット掲載あり

2000

「ラインハルト・ヴォルフ賞」、美術工芸博物館 (ハンブルク)

「ビーレフェルト24時間 (24 Stunden Bielefeld)」、ホッホブンカー (ビーレフェルト) ※パンフレット掲載あり

「新しい写真in ベルリン (Neue Fotografie in Berlin”)」、フォトグラフィー・ナウ(ベルリン、ケルン)

「傑出(Ausgezeichnet) /コダック 後継者育成賞1998-2000”」、ケルン ※パンフレット掲載あり

1999

「ハラハラ (Insuspenz)」, メアヴェルト登録協会 (アーヘン) ※パンフレット掲載あり

「芸術家達のフォトブック (Fotobücher von Künstlern)」、フォトリエンナーレ(ハンブルク)

「エンネ・ビアマン賞」 美術工芸美術館 (ゲーラ) ※パンフレット掲載あり

1998

focus 98, FH Dortmund

Young Urban Photographers Festival (YUPF), FH Bielefeld

講義および公開プレゼンテーション
2015

Pavilion, Pepper House, Kochi, India

bangaloREsidency: Rendezvous , Goethe-Institut/ Max Mueller Bhavan, Bangalore, India

2013

promising projects projected / Benten Clay, DOK.fest–28., Munich

Kunst und Kommerz, ARTistTALK / Benten Clay, Pilotenküche, Baumwollspinnerei, Leipzig

2013

I have nothing to say, Artist-Talk / Benten Clay, EIN Magazine, Berlin

2011

SATELLITE PLATFORM, Pori Art Museum, Pori, Finland

Arteles Global Art Forum, Podiumsdiskussion, Tampere, Finland

2009

「B-Side」、 ワークショップ、バウハウス大学(ヴァイマール)

「論理と実技の狭間の写真01」、シンポジウム、ノイエ・シューレ・フュア・フォトグラフィー(ベルリン)

2008

「DFA」、年会、ハウス・デア・フォトグラフィー、ハンブルク

2007

「スーパービジョン2」、シンポジウム、チューリッヒ芸術大学 写真専攻科

出版物
2014

Die Bielefelder Schule – Fotokunst im Kontext (KEHRER Verlag, Hrsg. G. Jäger, E. Kaufhold, Bielefeld 2014)

2010

Poesie des Funktionalen (Hrsg. Kunstverein Villa Arte e.V. Chemnitz, 2010)

4. Europäischen Monat der Fotografie Berlin 2010 (Hrsg. Kulturprojekte, Berlin, 2010)

Fotosommer Stuttgart 2010 (Arnoldsche Verlagsanstalt, Hrsg. Matthias Bullinger,Stuttgart 2010)

Böhm/KobayashiEncyclopedia (Böhm/Kobayashi Publishing Project, edited by K.Stuke, O.Sieber, Düsseldorf 2010)

2009

「動きの中の共通性 (Gemeinsam in Bewegung)」
(Kunstverlag Yangtse, Hrsg. Yin Xiaobin, Huang Mei, Hubei 2009)

「国境越え (Grenzgänge)」
(Aufbau Verlag, Hrsg. Alexander Graf Lambsdorff, Karin Resetarits, Berlin 2009)

2007

「バランスアクト・セーフティー (Balanceakt Sicherheit)」
(Edition Körber-Stiftung, Hamburg 2007)

2006

「セルフビュー 絵の中への一歩 (Selbstsicht- Der Schritt ins Bild)」
(Hrsg. Darmstädter Tage der Fotografie e. V., Darmstadt 2006)

2005

「フォトサマー・シュトゥットガルト2005 (Fotosommer Stuttgart 2005)」
(Edition Braus / Fotosommer Stuttgart e. V., Heidelberg 2005)

2003

「現代ドイツの写真 (Zeitgenössische Deutsche Fotografie)」
(Steidl Verlag / Museum Folkwang, 2003)

2001

「行く場所、見る人 (places to go, people to see)」
(Die Gestalten Verlag, Hrsg. Thomas Hilland / Mother, Berlin 2001)

2000

「ビーレフェルト24時間 (24 Stunden Bielefeld)」
(Westfalen Verlag Bielefeld, Hrsg. 24StundenGruppe, 2000)

「ベルビュー (bellevue)」
(Purple Books & Fiction inc., Hrsg. Elein Fleiss & Makoto Ohrui, Paris 2000)

「願望 (desire)」 (Steidl-Verlag, Hrsg. Patrick Remy, Göttingen 2000)

1999

「モード 写真 身体の賛美 (Mode Fotografie Körperkult)」
(E. Gieseking, Hrsg. K.M. Holzhäuser & W. Hoenderken, Bielefeld 1999)

「ポートレート (Portraits)」
(Purple Books, Hrsg. Elein Fleiss & Michel Sitbon, Paris 1999)